就任祝いに現金を贈る場合の贈り方

公開日: : 就任祝いの贈り方

就任祝いには胡蝶蘭を贈るのがベターだと思います。しかし、近頃は現金、そのほかにもギフト券・商品券などのお金に直結するものを贈ることも多くなってきているようです。贈る相手によって変わってきますが、高額すぎても安すぎても失礼にあたります。現金を贈り物にするのは非常に神経質にならなければいけないことだと思います。現金を就任祝いに贈る時は、同僚、後輩、友人、家族、親戚までの範囲に留めておくのが良いです。

 

ここで最初にハッキリと申し上げておきますと、上司や目上の人への栄転・昇進のお祝いは、現金を送るのはマナー違反です。ましてやお取引先の方に現金を贈るのは礼儀を欠いた非常識極まりないことです。取引先の社長に現金を渡しますか?自分が酷く恥をかくだけで。よほどの事情がない場合は避けるべきでしょう。(贈る相手が、お金が何よりも好きで、礼儀や情緒など二の次、三の次という方なのであれば別なのかもしれませんが…。)また、仲が良く、気兼ねない関係にある方でも最低ギフト券程度に留めておくのが無難でしょう。

 

ただし会社内の場合は例外もあります。それは海外への栄転です。この場合は現金でも良いという時があるでしょう。海外に行く間際に大きな胡蝶蘭を贈られても、贈られた側もその扱いに困る場合もありますし、胡蝶蘭の場合、贈っている間に紛失する可能性もあります。なお、送る際には部署全員の意見をまとめて、全員からの贈りものとして贈りましょう。個人でのお祝いは避けたほうが好ましいです。

 

さて、ここからは皆さんが気になっているだろう、現金を渡す場合の相場をご紹介していきたいと思います。

 

同僚や後輩の場合ですが、個人と部署単位で異なります。個人で贈る場合は3,000円から10,000円。部署単位で贈る場合は10,000円から30,000円が相場です。

 

友人、知人の場合は5,000円から10,000円くらいが良いでしょう。多すぎても少なすぎても変な感じになりますので、「どれぐらいの長さの付き合いか」「どれぐらい久しい仲か」により金額も変わってきます。どうしても「いくらにしたらいいのかわからない!」という場合は少し多めに入れておくと無難です。

 

家族など身内の場合はどれぐらいが良いのかというと、10,000円から30,000円が理想です。

親戚同士ではだいたい5,000円から10,000円が一般的です。

最初に述べましたが、目上の方や取引先の方に現金を贈るのはNGです。ただし、どうしても目上の方や取引先の方に現金で贈るというのであれば、50,000円以上が良いでしょう。

 

この金額はあくまでも目安です。参考程度にして下さい。贈る相手との仲を考えて失礼のないようにしましょう。

関連記事

no image

就任祝いを贈るタイミング

就任祝いを贈るタイミングですが、就任の当日に贈るのが一番です。後日の場合は、先方から就任の案内があっ

記事を読む

no image

就任祝いのマナー・タブー

就任祝いは、取引先に対して贈ることが多いものです。万が一にも失礼があってはいけません。例えば役職名や

記事を読む

no image

就任祝いのお返し

就任祝いの「お返し」は通常必要ありません。とは言っても、就任祝いを頂いてそのままと言うのも何だか収ま

記事を読む

no image

就任祝いのメッセージカード

就任祝いの際はメッセージカードを使うことによって、自分の言葉でお祝いの気持ちを伝えやすくなるという効

記事を読む

no image

就任祝いの相場

就任祝いの相場はどれくらいなのか?という疑問は多いと思います。そもそも何を贈ればいいのかもわからない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
就任祝いのメッセージカード

就任祝いの際はメッセージカードを使うことによって、自分の言葉でお祝いの

no image
就任祝いのマナー・タブー

就任祝いは、取引先に対して贈ることが多いものです。万が一にも失礼があっ

no image
就任祝いのお返し

就任祝いの「お返し」は通常必要ありません。とは言っても、就任祝いを頂い

no image
就任祝いの相場

就任祝いの相場はどれくらいなのか?という疑問は多いと思います。そもそも

no image
就任祝いを贈るタイミング

就任祝いを贈るタイミングですが、就任の当日に贈るのが一番です。後日の場

→もっと見る

PAGE TOP ↑