就任祝いを贈るタイミング

公開日: : 就任祝いの贈り方

就任祝いを贈るタイミングですが、就任の当日に贈るのが一番です。後日の場合は、先方から就任の案内があったら、すぐ贈ることがベストです。その際できるだけ仏滅は避けてください。大企業であればニュースやプレスリリースで就任前に発表されることがありますが、万が一にも間違いがあると失礼にあたりますので、必ず正式な辞令が出てから贈るようにし、就任前に贈るというのは避けましょう。絶対に就任前に贈る、という場合には、会社ではなくご自宅に送り届けるようにしましょう。その際は小ぶりな胡蝶蘭などが良いでしょう。お花屋さんに行けば、適当に見繕ってくれます。

 

またどこで渡すのか?というと、就任祝いがある場合、就任当日に祝賀会を開くことが多いかと思います。その席場で渡すのが一般的です。祝賀会を開かない場合は、辞令が出てから就任までの間に渡します。

 

まず職場の上司や同僚が昇進した際は、部や課といった単位ごとに祝賀会を開きます。個人的にお祝いを贈るのは、タイミングを間違えるリスクがあるので控えます。お祝いする全員でお祝いの品や花束などを贈りましょう。お伝えしますが、間違いがあると失礼なので、必ず正式な辞令が出てからにしましょう。社内だと噂などが先行し、本当にその方が就任するかどうかは見定めるのは困難なものです。ですから「辞令が出てから」というのは贈るタイミングが最もわかりやすく、贈っても問題がない時なのです。

ところで、この際昇進できなかった人も身近にいることも忘れないでください。様々な状況、人の気持ちを考え、派手に祝いすぎないように心配りをすることも大切なことです。

また、社外の取引先の方に就任祝いを贈るタイミングについてですが、会社へお届けする場合は、受け取られる方の役職や立場にも十分に配慮する必要があります。着任時期や役職名などにも注意してください。ここで間違えてしまうと贈られた側が恥をかくことになります。

そしてこれは社内でも同じことですが、就任パーティーがホテルなどの会場で行われる場合は、会場の部屋名、開始時間を事前に確認しておきます。特に大きなパーティーの場合は会場準備や入場時間が早まる場合があるので、お祝い物のお届け時間をパーティー開始時間よりも1~2時間程度早めにすると安心でしょう。

以上、皆さんのご参考になれば幸いです。贈り物、タイミングも大切ですが、心が伴っていなければ台無しです。心から就任を祝福しましょう。

 

就任祝いのマナー

関連記事

no image

就任祝いの相場

就任祝いの相場はどれくらいなのか?という疑問は多いと思います。そもそも何を贈ればいいのかもわからない

記事を読む

no image

就任祝いのメッセージカード

就任祝いの際はメッセージカードを使うことによって、自分の言葉でお祝いの気持ちを伝えやすくなるという効

記事を読む

no image

就任祝いのマナー・タブー

就任祝いは、取引先に対して贈ることが多いものです。万が一にも失礼があってはいけません。例えば役職名や

記事を読む

no image

就任祝いに現金を贈る場合の贈り方

就任祝いには胡蝶蘭を贈るのがベターだと思います。しかし、近頃は現金、そのほかにもギフト券・商品券など

記事を読む

no image

就任祝いのお返し

就任祝いの「お返し」は通常必要ありません。とは言っても、就任祝いを頂いてそのままと言うのも何だか収ま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
就任祝いのメッセージカード

就任祝いの際はメッセージカードを使うことによって、自分の言葉でお祝いの

no image
就任祝いのマナー・タブー

就任祝いは、取引先に対して贈ることが多いものです。万が一にも失礼があっ

no image
就任祝いのお返し

就任祝いの「お返し」は通常必要ありません。とは言っても、就任祝いを頂い

no image
就任祝いの相場

就任祝いの相場はどれくらいなのか?という疑問は多いと思います。そもそも

no image
就任祝いを贈るタイミング

就任祝いを贈るタイミングですが、就任の当日に贈るのが一番です。後日の場

→もっと見る

PAGE TOP ↑