就任祝いの相場

公開日: : 就任祝いの贈り方

就任祝いの相場はどれくらいなのか?という疑問は多いと思います。そもそも何を贈ればいいのかもわからないということもあることと思います。就任祝いは基本的に現金以外のモノを贈るのが、良いかと思います。その中でも、縁起やその重宝されてきた歴史などを考えると、胡蝶蘭を贈るのが最も無難で、礼を欠くことも少ないでしょう。しかし、胡蝶蘭と一口に言っても、そのサイズによって金額も大きく変わってくるので、分かり辛いと思います。

昇進・昇格お祝いの場合は、部課長、役員など役職に応じて様々ですが、一般的には10,000円~50,000円くらいの予算の中で決めて問題ないです。

中でもその値段の中間にある3本立ち(30,000円~)が最も人気があります。胡蝶蘭の鉢植えはほかにも2本立ち(20,000円~)や5本立ち(50,000円~)などがあります。一番高いクラスのものでは10本立ち(100,000円~)というものまであります。社長や役員など基本的にトップクラスの役職者に贈るのには、5本立ちから10本立ちの間が良いでしょう。

安い胡蝶蘭はボリュームが足りないことが多いので、選ぶ際に値段ばかりに気をかけていると、思わぬところで恥をかくはめになりますし、相手の体面を損なうこともあり得ますので、細心の注意を払います。

 

また、現金・ギフト券で贈る場合は以下にご紹介する金額が、相場になってくると思います。

 

同僚や後輩の場合ですが、個人と部署単位で異なります。個人で贈る場合は3,000円から10,000円。部署単位で贈る場合は10,000円から30,000円が相場です。

 

友人、知人の場合は5,000円から10,000円くらいが良いでしょう。「どれぐらいの長さの付き合いか」「どれぐらい久しい仲か」により金額も変わってきます。どうしても「いくらにしたらいいのかわからない!」という場合は少し多めに入れておくと無難です。

 

家族など身内の場合はどれぐらいが良いのかというと、10,000円から30,000円が理想です。親戚同士ではだいたい5,000円から10,000円が一般的です。

目上の方や取引先の方に現金を贈るのはNGです。ただし、どうしても目上の方や取引先の方に現金で贈るというのであれば、50,000円以上が良いでしょう。部署単位で贈れば雰囲気も悪くなりにくくなりますので、そういった場を設け活用するようにしましょう。決して個人で贈らないように気を付けて下さい。

 

就任祝いの贈り方

就任祝いの贈り方-胡蝶蘭配送ナビ

関連記事

no image

就任祝いに現金を贈る場合の贈り方

就任祝いには胡蝶蘭を贈るのがベターだと思います。しかし、近頃は現金、そのほかにもギフト券・商品券など

記事を読む

no image

就任祝いのマナー・タブー

就任祝いは、取引先に対して贈ることが多いものです。万が一にも失礼があってはいけません。例えば役職名や

記事を読む

no image

就任祝いのメッセージカード

就任祝いの際はメッセージカードを使うことによって、自分の言葉でお祝いの気持ちを伝えやすくなるという効

記事を読む

no image

就任祝いのお返し

就任祝いの「お返し」は通常必要ありません。とは言っても、就任祝いを頂いてそのままと言うのも何だか収ま

記事を読む

no image

就任祝いを贈るタイミング

就任祝いを贈るタイミングですが、就任の当日に贈るのが一番です。後日の場合は、先方から就任の案内があっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
就任祝いのメッセージカード

就任祝いの際はメッセージカードを使うことによって、自分の言葉でお祝いの

no image
就任祝いのマナー・タブー

就任祝いは、取引先に対して贈ることが多いものです。万が一にも失礼があっ

no image
就任祝いのお返し

就任祝いの「お返し」は通常必要ありません。とは言っても、就任祝いを頂い

no image
就任祝いの相場

就任祝いの相場はどれくらいなのか?という疑問は多いと思います。そもそも

no image
就任祝いを贈るタイミング

就任祝いを贈るタイミングですが、就任の当日に贈るのが一番です。後日の場

→もっと見る

PAGE TOP ↑